「学びのある観光」こんにゃく畑交流会

農業で被災地の方と交流しよう!第3弾「こんにゃく畑交流会」

活動概要

地コンニャク芋は五ヶ瀬町の郷土料理である手づくりの丸いコンニャクには欠かせない材料です。
他のコンニャク芋ではどうしても粘りが弱く、美味しいこんにゃくにはならないと言います。
しかしながら、高齢化が原因で、この地コンニャク芋を栽培する方がいなくなり、今や絶滅寸前になっています。
そこで、五ヶ瀬町の農協青年部が立ち上がり、宮の原に放置されている地コンニャク芋を掘り出し、
桑野内地域の耕作放棄地を耕し、移植し栽培する活動を3年前からはじめました。

こんにゃく芋は成長するまでに3年から5年かかります。
育った芋を株分けし広げることで増やして行きます。
いつまでも美味しい手づくりこんにゃくを食べられるよう!
皆さまの参加をお待ちしております。

申込情報
日程  5月31日(水)
活動  9時~17時まで
集合  五ヶ瀬町五ヶ瀬ドーム駐車場
参加費 無料
参加特典
・五ヶ瀬弁当付き
・ごかせ温泉木地屋が300円で入浴出来る
連絡先 TEL:0982-73-6366 緊急時:090-6871-5997
メール event@gokase.org
申込方法 お電話、もしくは下記のフォームからお申し込み下さい。

参加代表者氏名

参加代表者性別

所属名 ※記入例 [○○大学、株式会社××]

参加希望人数 ※記入例 [男性大人0人、女性大人0人、男性中学生0人]

メールアドレス
※携帯電話の場合「event@gokase.org」からメールを受信できる設定にしていただくか
PCのメールアドレスを使用して下さい。

携帯電話番号

希望時間 ※記入例 [9:00~17:00]

備考

活動中に撮影した写真をHPやチラシで使用することを許可する。
許可