学びのある観光「トウモロコシ畑交流会」その3

農業で被災地の方と交流しよう!「トウモロコシ畑交流会」その3

活動概要
宮崎県北の五ヶ瀬町、地震による建物被害などは少なかったものの、観光被害は甚大でした。

農業を通して交流していただくことで、五ヶ瀬町を訪れる機会を作り出したい!

「鳥の巣棚田」は、後継者がいなく、5年間荒れていたのですが、フットパスや世界農業遺産に認定されたことをきっかけに、地元高齢者が奮起し、五ヶ瀬自然学校と共に畑として再生しました。

昨年から体験農園として活用し、生でも食べられる、とっても美味しい、果物のようなとうもろこし、「スイートコーンゴールドラッシュ」という品種を栽培しています。

今回は、苗を畑に移植する作業を、地元高齢者とふれあいながら一緒に行ないます。
お昼ごはんは、全国的にも人気の宮部精肉店の特ホル弁当!
茶飲み休憩を取りながらいい汗をかいたら、名泉「ごかせ温泉木地屋」にゆっくりと浸かり疲れを癒します。
更に、夏に収穫されたとうもろこしをご自宅にお届けします!
皆さまの参加をお待ちしております。

申込情報
日程  6月3日(土)
活動  9時~17時まで
集合  五ヶ瀬の里キャンプ村
参加費 無料
参加特典
・お昼は全国的にも人気の宮部精肉店の特ホル弁当!
・木地屋の温泉が無料!
・バンガロー宿泊が2,500円→500円に!
・後日、採れたてのトウモロコシを直送
連絡先 TEL:0982-73-6366 緊急時:090-6871-5997
メール event@gokase.org

※募集は終了しました。

【報告】

スイートコーンを育てている宮の原の鳥の巣棚田農園。
第3回目の植え付けを行いました。

ボランティアに来てくれたのは、リピーターの2名さま。
農家さんと顔見知りになってきて、和やかに作業できるようになりました。
いつもより人数が少なかったのですが、皆さん流石の手際の良さ。午前中までに植え付けを終えることができました。

午後からは、植え付けたばかりの苗を守るためにテグスを張りました。防鳥テグスを張らないと、鳩が苗を引き抜いてしまうそうです。それもイタズラで。

…ところで、5月の中旬に植え付けた苗!
少し見ない間に大きくなっていていました。
あと一ヶ月ちょっと食べられるようになるとのことです。
収穫のときにもイベントを企画しようと思いますので、皆さまよろしくお願いします!

では、今回もありがとうございました。

益城町・西原村・南阿蘇村・山都町・五ヶ瀬町
平成29年度年賀寄付金配分事業 熊本地震・豪雨水害・観光被害 「学びのある観光」