宮崎県「多様な学び」ネットワーク

※このホームページは宮崎県「多様な学び」ネットワークメンバー限定の公開とさせていただきます。

令和5年度宮崎県/協働による地域課題解決公募型事業
事業名:宮崎県北の「多様な教育の在り方」に関わるネットワーク形成および実践事業
※当初は宮崎県北部のみで先ずは活動し、徐々に全県に広げて行こうと思っておりましたが、
それでは不都合が多いと判断し、全県を対象に活動をしております。

●主旨:体験学習を基本とした生きる力を育む学びの場づくりを模索し、継続的な施設運営を目指す。

●現状と課題
生きる力を育む教育に関して、かつては日常生活の中で家庭や地域で行えていたが、便利になった暮らしの中では難しい。
学校教育も体験を意識した学習を進めているが限界がある。
一方、体験学習を基本とした生きる力を育む教育や、子どもたち一人一人に寄り添いながらいざなう教育を意識し活動している社会教育団体も存在する。
しかしながら予算・人材・施設が確保できないなど多くの課題を抱えており、団体運営が難しい状況にある。

●2023年度事業内容
1.宮崎県北部の「多様な学び」ネットワーク形成
宮崎県教育委員会生涯学習課、NPO法人五ヶ瀬自然学校、NPO法人サン・ヴィレッジ、NPO法人陽の環、Yattara・こどもえん、
その他、宮崎県で子どもを対象とした社会教育活動を行う団体でネットワーク協議会を組織し、
体験学習を基本とした生きる力を育む学びの場の在り方(理念、人材育成、予算、施設、資格など)について議論する。
2.団体の視察・研修
九州内で先進的に活動している団体の視察および研修。
ネットワーク団体が相互に視察・研修・支援を行う学び合いの仕組みを作ることで、より良い活動に発展するよう努める。
3.協働による実践活動
ネットワークメンバーが互いの得意分野を生かし、協働で新たな実践活動を行う。

その他、12月18日に開催れました中間報告発表会で使用した資料を添付いたします。
こちらをご参照下さい。
宮崎県「多様な学び」中間報告

ご賛同いただける団体や個人の皆様へ
以下のフォームに必要事項を記入し、送信ボタンを押して下さい。