平成28年度熊本地震災害支援活動
「必要なのは信頼のネットワーク」

 

支援の沿革と展開

五ヶ瀬自然学校は、2016年4月14日と16日に発生した熊本地震の支援を行うため、RQ災害教育センターの支援により設立されたRQ九州五ヶ瀬ボランティアセンターの運営を担い、同時に理事長杉田英治がRQ九州副代表を務めた。

RQ九州五ヶ瀬ボランティアセンターは五ヶ瀬自然学校を中心にNPO法人一滴の会、服掛松キャンプ場、五ヶ瀬自然エネルギー研究所といった五ヶ瀬周辺の団体や個人での協力者によって構成され、地震直後からの物資支援、全国から一般ボランティアを募集しての人的支援を行った。

また、物資支援や人的支援を行うなかで見えてきた、多様な被災地での課題がたくさんあり、それらを解決するために五ヶ瀬自然学校が今まで培った経験、ノウハウを活かして独自に「被災地商品販路開拓」「人間力募集プロジェクト」「被災地こども無料キャンプ」「大学生ボランティア企画」といった支援活動を行った。

※活動の詳細については以下にまとめましたので、ダウンロードしてご拝読下さい。
平成28年度熊本地震災害支援報告書

会計報告は現在整理中です。出来次第報告書に追記いたします。